会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「触診機能解剖カラーアトラス 下」の詳細情報です.

触診アトラスの決定版!
臨床への視点を踏まえた触診の究極的カラーアトラスが堂々登場!!

触診機能解剖カラーアトラス 下
筋・血管・神経
  • 監修
    岸 清(元 東邦大学医学部解剖学第一講座教授・東邦大学名誉教授)

  • 竹井 仁(首都大学東京健康福祉学部理学療法学科教授)
  • A4判・318頁・4色刷
    2008年5月30日発行
  • 定価 7,560円(本体 7,000円)
    ISBN978-4-8306-4345-3

この本の内容

本書では,上・下巻の2冊に分けて,体表から触診可能な「骨/関節」「靱帯」「筋」「血管」「神経」について,構造学的な解説ならびに実際の触診の方法を図解.豊富な写真・図を駆使しながら各触診部位についてわかりやすい解説とともに,「クリニカルビューポイント」として各触診部位が臨床的に持つ意味も加筆してある.本書をしっかり読めば,臨床場面や教育場面における触診技術の向上と治療につながる.
☆図版112点,表組10点,写真829点

【本書の構成】
(上巻)
第1章 総論─触診とは─
第2章 身体の面と軸
第3章 骨・関節の触診
第4章 靱帯の触診
(下巻)
第5章 筋の触診
第6章 血管の触診
第7章 神経の触診

※1刷,2刷ご購入の皆様へ
本書の3刷にて一部内容の修正がありました.1刷,2刷をご購入の読者の方は修正表がダウンロードいただけます.
>>修正表はこちらをクリック!

主要目次

第5章 筋の触診
[1]基本事項
  骨格筋の機能と形状
  骨格筋の微細構造
   1 筋束
   2 筋線維(筋細胞)
   3 筋原線維
   4 細胞外マトリックス
  筋腱移動部
  骨格筋の筋収縮機序
   1 興奮収縮連関
   2 ミオシンとアクチンの相互作用とアセチルコリンの影響
   3 収縮に伴う横紋の変化
  骨格筋の神経と血管
   1 運動線維
   2 感覚線維
   3 骨格筋の血管
  筋線維の種類
   1 筋線維の3分類
   2 サイズの原理
   3 筋線維組成
   4 トレーニングによる影響
   5 加齢による影響
  筋収縮様式
   1 静止性,求心性,遠心性
   2 等尺性,等張性
   3 緊張性(持続性),相動性
  筋の動き
   1 動筋agonist
   2 拮抗筋antagonist
   3 固定筋fixator(安定筋atabilizer)
   4 共同筋synergist
   5 弛緩relaxation
   6 逆作用reversed action
   7 習慣的機能の逆転reverse of customary function
   8 腱の副作用tenodesis action
[2]触診の実際
  体幹
   1 頭部と顔面周囲の筋(肢位:座位・背臥位)
   2 頸部の筋(肢位:座位・背臥位・腹臥位)
   3 舌骨上部と下部の筋(肢位:座位・背臥位)
   4 背部の深部の筋(肢位:座位・腹臥位)
   5 後部下筋(肢位:座位・腹臥位・背臥位)
   6 腹部の筋(肢位:背臥位)
  上肢
   7 脊柱と上肢をつなぐ筋(肢位:腹臥位・座位)
   8 胸の前壁および後壁と上肢を連結する筋(肢位:背臥位)
   9 肩の筋(肢位:座位・腹臥位・背臥位)
   10 上腕の筋(肢位:座位・背臥位)
   11 前腕背側浅層の筋(肢位:座位)
   12 前腕背側深層の筋(肢位:座位)
   13 前腕腹側浅層の筋(肢位:座位)
   14 前腕腹側深層の筋(肢位:座位)
   15 母指球筋(肢位:座位)
   16 小指球筋(肢位:座位)
   17 中手筋(肢位:座位)
  下肢
   18 腸骨部と大腿前部の筋(肢位:背臥位)
   19 大腿内側部の筋(肢位:背臥位)
   20 殿部の筋(肢位:腹臥位・側臥位・背臥位)
   21 大腿後部の筋(肢位:腹臥位)
   22 下腿前部の筋(肢位:背臥位)
   23 下腿後部浅層の筋(肢位:腹臥位)
   24 下腿後部深層の筋(肢位:腹臥位)
   25 下腿外側の筋(肢位:背臥位・側臥位)
   26 足背の筋(肢位:背臥位)
   27 足底の筋(肢位:背臥位) 
第6章 血管の触診
[1]基本事項
  循環
   1 体循環
   2 肺循環
   3 運動と酸素輸送
   4 運動による心臓循環系の変化
[2]触診の実際
  上肢
  下肢
第7章 神経の触診
[1]基本事項
  神経
   1 中枢神経系
   2 末梢神経系
   3 体性神経系
   4 自律神経系(臓性神経系)
  脊髄反射機構
   1 筋紡錘と腱紡錘(ゴルジ腱器官)
   2 反射回路(受容器から効果器官までのニューロン連鎖)
   3 α-γ連関
[2]触診の実際
  上肢
  下肢
参考文献
索引(上下巻共通)

>>『触診機能解剖カラーアトラス 上』の詳細情報はこちら!


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.