会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「眼科プラクティス 21  眼底画像所見を読み解く」の詳細情報です.

日本の眼科診療のスタンダードを示す,日常診療に役立つ実践的なシリーズ!

眼科プラクティス 21
眼底画像所見を読み解く
  • 編集
    田野保雄(大阪大学教授)
  • B5判・418頁・4色刷
    2008年5月24日発行
  • 定価 19,440円(本体 18,000円)
    ISBN978-4-8306-5578-4

この本の内容

従来の眼底写真,FAG,ICGに加えて最近目覚ましい進歩を見せるOCTも取り上げ,的確な眼底画像診断に到達するための,現時点におけるスタンダードを示した画像診断アトラス.
☆図版1点,表組19点,写真1,232点,イラスト249点

【シリーズの構成】
総説:各巻の特集編集者による総括的レビュー.
解説:実地診療に必要な実際的な知識で,眼科専門医にとってスタンダードと考えられるものを第一線で活躍中の方々が執筆.1項目を見開き4頁でおさめ,多数のカラー写真と美しいシェーマによる魅力的な誌面を構成.
その他の多彩な記事: [Advanced Techniques] [Controversy] [Topics] [Basic] [One Point Advice] といった,眼科医が知っておきたい知識や診療に役立つちょっとしたコツなどの記事や情報を掲載.
▽責任編集
 田野保雄(大阪大学教授)
 樋田哲夫(杏林大学教授)
 根木 昭(神戸大学教授)
 坪田一男(慶應義塾大学教授)
 大鹿哲郎(筑波大学教授)

主要目次

【総説】
 眼底画像所見を読み解く
【解説】
 I.網脈絡膜画像の正常と異常
  1.FA
  2.IA
  3.装置による蛍光造影所見の違い
  4.フルオレセイン・ICG動画撮影,同時蛍光眼底造影
  5.眼底自発蛍光
  6.OCT
  7.画像所見と網膜機能検査
 II.加齢性網脈絡膜疾患
  1.萎縮型加齢黄斑変性
  2.滲出型加齢黄斑変性(I型とII型)
  3.ポリープ状脈絡膜血管症
  4.網膜血管腫状増殖
  5.ドルーゼンと網膜色素上皮剥離
 III.中心性漿液性網脈絡膜症とその類縁疾患
  1.中心性漿液性網脈絡膜症(急性)
  2.中心性漿液性網脈絡膜症(慢性)
  3.網膜色素上皮症
 IV.網脈絡膜炎症性疾患
  1.原田病
  2.多発性消失性白点症候群
  3.若年者の脈絡膜新生血管
 V.変性近視
  1.網脈絡膜委縮
  2.血管新生黄斑症
  3.牽引性黄斑症
  4.傾斜乳頭症候群
 VI.変性と先天異常
  1.網膜色素線条
  2.網膜色素変性
  3.卵黄様黄斑変性
  4.Stargardt病
  5.乳頭ピット黄斑症候群
 VII.網膜循環障害
  1.糖尿病網膜症
  2.高血圧網膜症・腎性網膜症・妊娠中毒症
    ステロイド網膜症・インターフェロン網膜症
  3.網膜動脈閉塞症
  4.網膜静脈閉塞症
  5.網膜細動脈瘤
  6.特発性黄斑網膜毛細血管拡張症
 VIII.脈絡膜腫瘍
  1.脈絡膜悪性黒色腫と母斑
  2.転移性脈絡膜腫瘍
  3.脈絡膜血管腫
  4.脈絡膜骨腫
 IX.外傷性疾患
  1.脈絡膜破裂
  2.網膜打撲壊死
  3.低眼圧黄斑症
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.