会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「頻用薬の選び方・使い方」の詳細情報です.

いつも使っているはずのその薬の処方,大丈夫?!

頻用薬の選び方・使い方
知っているようで知らない上手な使い分けの秘訣
  • 編集
    臨床研修プラクティス常任編集委員会
郡 義明(天理よろづ相談所病院部長)
宮地良樹(京都大学教授)
上田裕一(名古屋大学教授)
服部隆一(近畿大学教授)
  • A5判・160頁・2色刷
    2008年1月25日発行
  • 定価 3,024円(本体 2,800円)
    ISBN978-4-8306-0329-7

この本の内容

胃薬・頭痛薬・解熱鎮痛薬・睡眠薬など,臨床医なら誰でもよく処方しているはずの頻用薬だが,数ある薬の中でどれを選ぶか,どうやって使うかは悩みどころ.そこで本書では,その道のエキスパートが,それぞれの薬の適切な選び方と上手な使いこなし方を解説.症例に基づいた薬の選択のポイントや処方例を充実させ,通常の項目以外に,妊婦・小児・腎障害や肝障害のある患者さんへ薬を処方する際の注意点や,処方箋の適切な読み方などの項目も入れるなど,役立つ情報が満載.臨床医,研修医におすすめの1冊.
☆図表44点,写真6点,イラスト16点

主要目次

1.胃薬
 □患者さんから胃の症状を訴えられた──何を考える?
 □対症療法でよいと判断した場合(緊急性がないと判断した場合)
 □使う薬──その使い方と注意点
 □上腹部痛を訴えた教訓的な症例
 □専門医に依頼する場合は
 □ステロイドやNSAIDs使用時の注意点
2.便秘薬
 □便秘薬とは何か?
 □便秘の分類
 □便秘の鑑別診断
 □対症療法としての薬の選び方・使い方
3.止痢薬
 □下痢とは何か?
 □下痢の分類
 □下痢の鑑別診断
 □対症療法としての薬の選び方・使い方
 ■レクチャー グリセリン浣腸の適応と手技
4.頭痛薬
 □頭痛を訴える患者を診たら~見逃すと危険な二次性頭痛をまず鑑別!~
 □一次性頭痛にはどんなものがある?
 □薬剤~使い方のコツ,注意点,副作用を知ろう~
 □薬物乱用頭痛に注意
 □頭痛のメカニズム
5.解熱鎮痛剤
 □はじめに
 □発熱・疼痛の機序を知る
 □解熱鎮痛薬が本当に必要かどうか判断する
 □解熱鎮痛薬を投与する前に
 □非ステロイド性抗炎症薬を中心に解熱鎮痛薬を整理する
 □対症療法が通用しなくて上級医,指導医,専門医に相談する場合はどんなときか?
6.咳止め・去痰剤
 □咳の出るメカニズム~咳はサブスタンスPの放出に伴って生ずる~
 □咳の原因は多種多様
 □咳の原因をどのように考えていくか
 □咳の功罪
 □咳に対する治療
 □鎮咳薬の種類と注意点
 ■レクチャー しゃっくり(吃逆)hiccup
7.睡眠薬
 □不眠の状態を把握する
 □不眠の原因,背景を推量する
 □睡眠薬の性質を知る
 □睡眠薬の中止,減量
 □むすび 
8.かゆみ止め
 □かゆみを知る~薬を処方する前に知っておこう,かゆみのメカニズム~
 □かゆみを止めるには~治療のストラテジー~
 □対症療法としての薬の選び方・使い方
 ■レクチャー 外用ステロイド~使ってよい場合,悪い場合~
 ■レクチャー 湿布剤~温湿布と冷湿布の使い分け~
 ■レクチャー 頻用する頓用薬の併用禁忌
 ■レクチャー 妊婦に使える頻用薬
 ■レクチャー 小児に使える頻用薬
 ■レクチャー インターネットによる医薬品情報の入手方法
 ■レクチャー 腎障害のある患者さんへ薬を投与するときに注意すること
 ■レクチャー 肝障害のある患者さんへ薬を投与するときに注意すること
 ■レクチャー 小児の患者さんへ薬を投与するときに注意すること
 ■レクチャー 添付文書(能書)の読み方
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.