会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「考えるMRI撮像技術」の詳細情報です.

最適・最善のMRI検査のためのエッセンスが盛りだくさん!

考えるMRI撮像技術
専門技術者を目指す技師のための一歩進んだ診療技術
  • 編集
    松本満臣(東京都立保健科学大学名誉教授)
土井 司(奈良県立奈良病院中央放射線部技師長)
  • B5判・304頁・2色刷
    2007年12月10日発行
  • 定価 6,480円(本体 6,000円)
    ISBN978-4-8306-3735-3

この本の内容

第一線で活躍する診療放射線技師,MRオペレータを対象に,いかに「考え」つつ,診断に寄与する病態に迫る画像を撮像するかをまとめた1冊.
本書の第1部「良い画像を得るための知識とテクニック」では,MRI撮像のスキルアップの基礎となる,一歩進んだ撮像技術のポイントをわかりやすく解説.
本書最大の特色は,第一線で活躍中の診療放射線技師と画像診断医による共同執筆方式でまとめ上げられた第2部「考える臨床技術と読影のポイント」に集約される.本章では,単なる撮像技術的なポイントだけでなく,いかに目的を持って,診断に寄与しうる画像を効率的に撮像するか,そのエッセンスをふんだんに盛り込んだ.
また,掲載の臨床画像には,病変部分に対して矢印や図説を十分に添え,撮像の目的となる所見がいかなるものであるかが即理解できるよう工夫されている.さらに,重要な内容枠囲みで目立たせたkey point,またメモ欄を随所に挿入し,理解しやすい本文体裁.
これから読影を学びたいと思う研修医や若手医師にも十分役立ち,またMR専門技師を目指す一歩進んだ診療放射線技師にも最適の1冊.
☆図表104点,写真683点

主要目次

第1部 良い画像を得るための知識とテクニック
 1.安全管理
 2.MRの基礎
  1)MR信号
  2)パルスシーケンス(付加パルスの目的とそれによるMR信号の変化)
  3)k空間と画像再構成理論
 3. 精度管理
  1)装置管理
  2)性能評価法
  3)MRの原理に由来するアーチファクト
 4.一歩進んだ撮像技術
第2部 考える臨床技術と読影のポイント
 1.脳のMR撮像
 2.脊髄・脊椎のMR撮像
 3.頭頸部領域のMR撮像
 4.四肢のMR撮像
 5.胸部のMR撮像
 6.乳腺のMR撮像
 7.心臓のMR撮像
 8.血管系のMR撮像
 9.腹部消化器のMR撮像
 10.泌尿器系のMR撮像
 11.婦人科系のMR撮像
付録 磁気共鳴専門技術者認定制度について
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.