会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「考える理学療法評価から治療手技の選択[中枢神経疾患編]」の詳細情報です.

どのように評価しどのように治療手技を選択するか?──大好評『考える理学療法 評価から考える治療手技の選択』の中枢神経疾患編!

考える理学療法
評価から治療手技の選択[中枢神経疾患編]
  • 編集
    丸山仁司(国際医療福祉大学教授)
竹井 仁(首都大学東京准教授)
黒澤和生(国際医療福祉大学教授)
網本 和(首都大学東京准教授)
望月 久(都立墨東病院主任技術員)
  • B5判・416頁・2色刷
    2006年10月7日発行
  • 定価 6,156円(本体 5,700円)
    ISBN978-4-8306-4331-6

この本の内容

中枢神経疾患に対する理学療法は至難の業といわれる.本書は,そうした中枢神経疾患に対する理学療法を行う過程で,クリニカルリーズニングを重視した評価から治療への橋渡し的な考え方とはどういうものかを,ポイントを絞ってわかりやすく解説.中枢神経疾患患者の病態や障害に関する理解を深め,実施技術の向上に役立つ実践的な内容.すべての理学療法士におすすめの1冊.

主要目次

1.脳の研究はどこまで進歩したか?─脳研究の最前線─
2.脳の各部位にはどのような役割があるのか?─部位別構造と症状─
3.反射から何がわかるか?─神経症候─  
4.脳の中を覗いてみよう─X線CT,MRI-CTによる画像診断─ 
5.中枢神経疾患治療の最前線─中枢神経疾患に対する医学的処置─ 
6.それぞれの患者に対応した理学療法─症状別の治療手技選択─
7.転ばぬ先のリスク管理─理学療法におけるリスク管理─  
8.感染症に対して理学療法士が注意すべきこと─感染症にならないために─
9.回復期リハビリテーション病棟における目標設定─目標設定とチームアプローチ─  
10.まず何からみていくのか?─中枢神経疾患に対する評価項目─
11.運動と感覚との密なる関係─理学療法における神経徴候のとらえ方─
12.バランス評価に含まれるもの─バランス評価の多面性と実践的ポイント─
13.「できるのか」,「しているのか」それが問題─ADL評価─ 
14.動作パターンに隠れているものを探る─臨床動作分析の方法─  
15.這えば立て,立てば歩め─運動発達の考え方,見方─  
16.なぜ左半側空間無視が多いのか?─高次神経機能障害のとらえ方─
17.社会生活への適合をどのように援助するか?─前頭葉症状に対する評価から治療手技の
   選択─
18.コミュニケーションの方法を探る─左半球症状に対する評価から治療手技の選択─
19.注意を効果的に喚起するには?─右半球症状に対する評価から治療手技の選択─
20.運動における感覚の役割とは?─運動に大脳基底核~内包症状に対する評価から治療手技
   の選択
21.運動のコントロール能力を高めるには?─小脳症状に対する評価から治療手技の選択─
22.症候の謎を解く─脳幹症状における評価から治療手技の選択─
23.パーキンソン病の運動障害の本質は?─パーキンソン症状に対する評価から治療手技の
   選択─
24.子供の発達に必要なものは?─脳性麻痺に対する評価から治療手技の選択─
25.コミュニケーションは人間関係の基本─コミュニケーション障害─
26.摂食・嚥下障害と理学療法の関わり─食事・飲み込みの障害をどうとらえるか?─
27.耐え難い痛みとどうつきあうか?─やっかいな痛みの全体像─  
28.認知症は予防できる!?─認知症に対するケア─ 
29.運動学習を用いた治療展開─セラピーへの誘導─
30.“認知運動療法”の基礎知識─実践ガイド─  
31.歩行補助具の話─転ばぬ先の杖をどう選択するか─
32.リフォームの達人─環境整備の実際─
33.これからの介護保険─利用の手引き─
欧文索引/和文索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.