会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「内部障害系理学療法実践マニュアル」の詳細情報です.

臨床の現場で遭遇することの多い内部傷害系疾患の理学療法のポイントを解説したハンディマニュアル!

内部障害系理学療法実践マニュアル
  • 編集
    丸山仁司(国際医療福祉大学教授)
  • B6変型判・486頁・2色刷
    2004年5月26日発行
  • 定価 4,860円(本体 4,500円)
    ISBN978-4-8306-4316-3

この本の内容

内部障害系疾患とは循環器や呼吸器疾患,代謝疾患,腎・肝疾患やがんなどで,内部障害者は生活習慣病や高齢者の増加に伴い,急激に増加している.本書は,臨床場面で内部障害系疾患を抱えた患者に対する理学療法を行うことのできる実践的マニュアル.基本的な事項は最小限にとどめ,疾患別にみた理学療法や,リスク管理に大変重要な臨床症状が出現したり,検査値の異常がみられた場合の具体的な対処方法などについて詳しく記述.多忙な臨床家にも利用できるように重要チェックポイントを簡潔に示しているので,臨床現場での評価項目,治療計画,生活指導,リスク管理のチェックに非常に便利な1冊.
内部障害系理学療法のみならず,他の疾患に対する理学療法の評価,リスク管理,治療技術の選択にも役立つ内容.
理学療法士はもとより,理学療法士をめざす学生にもお薦めの1冊.

主要目次

基礎編
  1.運動負荷
  2.運動処方
疾患別理学療法
 A.循環器疾患
  1.急性期の心筋梗塞
  2.慢性期の心筋梗塞
  3.冠動脈バイパス術後
  4.心不全
  5.高血圧
  6.弁膜症
  7.心臓ペースメーカー
  8.末梢循環障害
 B.呼吸器疾患
  1.慢性肺気腫
  2.慢性気管支炎
  3.気管支喘息
  4.拘束性肺疾患
  5.外科手術直後
 C.代謝疾患
  1.糖尿病
  2.高脂血症
  3.高尿酸血症
 D.その他
  1.排泄障害(直腸障害・膀胱障害)
  2.腎機能障害(透析)
  3.肝機能障害
  4.がん
でたでたチェック
 A.臨床症状
  1.呼吸困難感
  2.頻呼吸
  3.脈拍異常
  4.冷や汗
  5.めまい
  6.顔面蒼白
  7.つらさ
  8.疲労
  9.チアノーゼ
 B.検査値の異常
  1.血液一般検査
  2.尿一般検査
  3.呼吸機能検査
  4.循環機能検査
  5.腎機能検査


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.