会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「症候障害学序説」の詳細情報です.

理学療法のアイデンティティとは何か?──理学療法学宣言

症候障害学序説
理学療法の臨床思考過程モデル

  • 内山 靖(名古屋大学教授)
  • B5判・112頁
    2006年5月23日発行
  • 定価 1,944円(本体 1,800円)
    ISBN978-4-8306-4329-3

この本の内容

理学療法学の学問としての確立が叫ばれてから久しい.新鋭若手論客の筆者が,「理学療法学とは何か?」「理学療法学の専門性・固有性とは何か?」という問いを,全面的根源的に受け止め,答えたのが,この『症候障害学序説』である.チーム医療の中で,医師でもなく,看護師でもなく,その他諸々のコメディカル・スタッフとも異なる理学療法士のアイデンティティ,専門性を深く追求すると,そこに症候障害学の地平が広がってくる.機能的制限としての動作の観察や分析を基軸とした,症候学的および障害学的な双方向の思考を展開・転回する症候障害学的な臨床思考過程こそが,すぐれて理学療法的な臨床思考過程である.

主要目次

1章:なぜ症候障害学なのか
 1.現代の医療に求められるもの
 2.医療における2つの思考過程─症候学と障害学─
 3.分化と統合
2章:症候障害学とは
 1.症候障害学の基本的枠組み
 2.症候障害学による臨床思考過程
3章:動作のとらえかた
 1.随意運動の階層性と制御
 2.動作をとらえるうえでの科学的基盤
 3.症候障害学的な理解
4章:動作の観察・分析の進めかた
 1.動作の観察・分析の位置づけ
 2.動作の観察・分析と解釈の流れ
 3.動作の観察・分析を進める際の着眼点
 4.動作観察・分析の展開
 5.症候障害学的な統合と解釈
5章:姿勢・動作の診かた
 1.座位
 2.立位
 3.臥位
 4.寝返り
 5.立ち上がり
 6.歩行
6章:機能の診かた
 1.筋力
 2.体性感覚
 3.体幹
 4.バランス
7章:症候障害学と理学療法
 1.理学療法の特徴
 2.根拠に基づく理学療法
 3.理学療法におけるクリティカルな思考
参考文献
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.