会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「絵でみる老人介助の基本テクニック」の詳細情報です.

介護に必要な手技と知識をイラストでわかりやすく解説した高齢者ケアの手引書!

絵でみる老人介助の基本テクニック
あなたのケアを活かし,評価する199のチェックポイント
第2版
  • 監修
    宍戸英雄(獨協医科大学名誉教授)

  • 大渕律子(三重大学医学部看護学科教授)
堀内ふき(茨木県立医療大学保健医療学部看護学科教授)
  • B5判・218頁
    2003年9月24日発行
  • 定価 3,240円(本体 3,000円)
    ISBN978-4-8306-4311-8

この本の内容

老人の全人的ケア(心から体に至る全てのサポート)を端的に理解できるように,各章ごとにケアのチェックポイントを詳しく解説.手技については本書を側に置いて,見ながら素人でもできるよう完全イラスト化.用具,備品,手順,介助のコツとポイントが,400点を超える心暖まるイラストで示されている.今回の改訂では,老人によくみられる関節痛,皮膚疾患,口腔内ケア,感染症について章を設けて解説.巻末付録では,介護保険の概要と介護用品の説明を追加.

主要目次

第1章 おとしよりとそのケアの本質について正しく理解しましょう
 1 おとしよりの身体的特徴を理解しましょう
 2 おとしよりの孤独と心理的背景を理解しましょう
 3 おとしよりの社会的背景を理解しましょう
 4 おとしよりの経済的背景を理解しましょう
 5 家族の全体像を正確に把握しましょう
 6 ケアの主役はあくまでも家族であることを理解しましょう
 7 社会資源・人的資源を理解しましょう
 8 ケアの限界を知りましょう
 9 ケアをつらぬく倫理を理解しましょう
 10 あらましの看護計画を立てましょう
 11 看護記録をつけましょう
 12 ケアを正しく評価しましょう
第2章 具体的なサポートのポイントを把握しましょう
ほぼ健常のレベルにまで回復して帰宅するおとしよりのサポートは何か
 13 家族の介護状況のチェックはしましたか
 14 居住環境のチェックはしましたか
 15 退院後の受診,主治医,健康管理のチェックはしましたか
 16 心身のレベルの維持(日常生活のすごし方)に配慮しましたか
 17 事故防止のためのチェックはしましたか
 18 新疾患の予防について配慮しましたか
 19 健康状態,病状観察のポイントを知っていますか
 20 現在・今後を含めての問題点を把握していますか
おとしよりの身体的なサポートのポイントは何か
 21 疾患や病状に合った食事をしていますか
 22 疾患に合わせた入浴法をとっていますか
 23 おとしよりはトイレにいけますか
 24 疾患に合わせた活動量を保っていますか
 25 ADL 自立のために必要な用具はそろっていますか
 26 事故防止のための配慮はしましたか
おとしよりの精神的なサポートのポイントは何か
 27 おとしよりの知的レベルを把握していますか
 28 おとしよりの精神症状について把握していますか
 29 問題点を明確にしてケアしていますか
 30 問題に対するケアの方法を把握していますか
 31 おとしよりの痴呆に伴う行動について把握していますか
 32 予測できる異常な事態について準備はできていますか
 33 専門医とのコミュニケーションはどうですか
 34 他の医療専門職との連携はとれていますか
家族の教育とサポートのポイントは何か
 35 在宅ケアの見通しはどうですか
 36 家族は介護のテクニックを身につけていますか
 37 主治医はいますか
 38 医師との連絡はどうですか
 39 保健センターとの連絡はどうですか
 40 地域サービスを利用していますか
 41 救急時の連絡網はきちんとありますか
 42 1人暮らしのおとしよりのための呼び出しシステムはありますか
活用できるフォーマルサポートはありますか
 43 移動のためのサービスはありますか
 44 地域としてのサポ-トシステムはありますか
 45 地域に利用できるセンターはありますか
 46 地域にボランティアグループはありますか
第3章 老人の健康レベルを維持するためのケア・テクニックを把握しましょう
老人の日常生活を援助するためのケア・テクニックは何か
 47 洗顔のテクニック
 48 口腔の清潔を保つテクニック
 49 義歯の手入れのテクニック
 50 耳の清潔を保つテクニック
 51 目の清潔を保つテクニック
 52 鼻の清潔を保つテクニック
 53 自分で入れる人の入浴テクニック
 54 介助が必要な人への入浴テクニック
 55 シャワー浴のテクニック
 56 全身清拭のテクニック
 57 足浴のテクニック
 58 爪の手入れのテクニック
 59 手浴のテクニック
 60 陰部洗浄のテクニック
 61 洗髪のテクニック
 62 寝床の整え方のテクニック
 63 シーツ交換のテクニック
 64 衣服の選び方のテクニック
 65 ねまき交換のテクニック
 66 安楽な体位のテクニック
 67 体位交換のテクニック
 68 居室の環境のチェック
 69 排泄のケア
 70 排泄用具の選び方
 71 トイレを使う場合の介助テクニック
 72 ポータブルトイレの介助テクニック
 73 便器の介助テクニック
 74 尿器の介助テクニック
 75 装着尿器の介助テクニック
 76 おむつの種類と使い方のテクニック
 77 おむつのあて方のポイント
 78 失禁のチェック
 79 便秘の予防
 80 便秘のケア
 81 摘便の仕方
 82 食事のケアのポイント
 83 食事の介助テクニック
 84 睡眠のケア
 85 不眠のケア
 86 夜間不穏の介助テクニック
 87 褥瘡予防とケアのテクニック
 88 事故防止のチェック
 89 1日のすごし方
 90 運動について
老人とのコミュニケーションと老人の全人的ケアのテクニックは何か
 91 基本のコミュニケーション
 92 ぼけのある場合のコミュニケーション
 93 視力障害のある場合のコミュニケーション
 94 聴力障害のある場合のコミュニケーション
 95 言語障害のある場合のコミュニケーション
 96 レクリエーションについて
 97 生きがいについて
 98 家族とのかかわりについて
 99 精神的苦痛の緩和について
 100 仲間づくりについて
 101 老人の性について
老人によく見られる疾患と,合併症のケア・テクニックは何か
 102 寝たきり老人の合併症
 103 発熱のケア
 104 脱水症のケア・テクニック
 105 尿路感染症のケア・テクニック
 106 高血圧のケア
 107 皮膚掻痒症のケア
 108 貧血のケア
 109 褥瘡のケア
第4章 ADL を維持・向上させるためのケア・テクニックを把握しましょう
 110 良肢位の保持テクニック
 111 拘縮予防のテクニック
 112 自動運動のテクニック
 113 起坐位の介助テクニック
 114 ベッドから椅子への移動の介助テクニック
 115 歩行時の介助テクニック
 116 おとしよりの作業を助ける用具を工夫しましょう
 117 おとしよりが活動しやすい環境をつくりましょう
 118 おとしよりへの精神的な励ましを続けましょう
第5章 身近な事故を防ぎましょう
 119 床にすべりやすい箇所はありませんか
 120 おとしよりがつまずきやすい箇所はありませんか
 121 おとしよりのささえになるものは固定されていますか
 122 安全な暖房を選んでいますか
 123 熱傷に注意していますか
 124 誤嚥に注意していますか
 125 おとしよりの動作を妨げるようなものを身につけさせていませんか
第6章 おとしよりの精神的なレベルを維持・向上させるためのケア・テクニックを把握しましょう
 126 おとしよりに希望を持たせる努力を続けていますか
 127 おとしよりに目標を持たせる努力を続けていますか
 128 おとしよりの手に日常生活を取り戻させる努力を続けていますか
 129 おとしよりに意欲を持たせる努力を続けていますか
 130 家族におとしよりをささえてもらうための教育を続けていますか
第7章 特殊な状態にある老人のケアのポイントを把握しましょう
 131 経管栄養(tube feeding)の場合のケアのポイントは何か
 132 バルーンカテーテルの場合のケアのポイントは何か
 133 気管カニューレが挿入されている場合のケアのポイントは何か
 134 酸素吸入の場合のケアのポイントは何か
 135 吸引の場合のケアのポイントは何か
 136 輸液管理はできていますか
 137 投薬の管理はできていますか
 138 人工肛門の場合のケアのポイントは何か
 139 痴呆のある場合のケアのポイントは何か
 140 痴呆で,なおかつ精神症状を呈する場合のケアのポイントは何か
 141 過食の場合のケアのポイントは何か
 142 異食の場合のケアのポイントは何か
 143 徘徊のケアのポイントは何か
 144 性的異常行動のケアのポイントは何か
 145 不潔なものを区別できない時のケアのポイントは何か
 146 夜間不穏のケアのポイントは何か
 147 つじつまの合わないことをいう時のケアのポイントは何か
 148 暴力行為のケアのポイントは何か
第8章 家族をサポートするためのテクニックを把握しましょう
 149 家族への協力を要請していますか
 150 変化への対応を家族にアドバイスしていますか
 151 ケアする人が病気になった場合の対策を考えていますか
 152 家族に病人が出た時の対策を考えていますか
 153 家族の受験,転勤があった場合の対応を考えていますか
 154 老夫婦世帯の場合の対策を考えていますか
 155 介護者が仕事を持つ場合の対応を考えていますか
 156 介護者が高齢の場合の対応を考えていますか
 157 介護者が病弱の場合の対応を考えていますか
 158 家族の健康状態について配慮していますか
 159 家族の悩みをなおざりにしていませんか
 160 家族への励ましを続けていますか
 161 家族の努力をねぎらっていますか
第9章 訪問ケアをする時のポイントを把握しましょう
 162 服装(身だしなみ)はどうですか
 163 言葉づかいはどうですか
 164 家族を尊重し,そのことを態度で示していますか
 165 家族に不安や負担を与えるような言動はありませんか
 166 相手の生活を大切にしていますか
 167 指導を押しつけていませんか
 168 自分自身のケアをチェックしていますか
 169 ケアする心を失っていませんか
 170 バイタルサインを見ていますか
 171 症状観察を怠っていませんか
 172 1日のすごし方について配慮していますか
 173 おとしよりとの会話や反応に注意していますか
 174 病床環境はどうですか
 175 家族と一緒に看護計画を立てていますか
 176 家族の変化に対応できる,柔軟な看護計画を立てていますか
 177 ケアのテクニックを具体的にわかるまで指導していますか
 178 家族のケアをチェックし,評価していますか
 179 家族の介護力に応じた指導を心がけていますか
 180 家庭内の資源を有効に活用していますか
 181 介護者の負担の軽減を常に念頭においていますか
第10章 救急時のケアのポイントを把握しましょう
 182 脳血管障害のケア
 183 胸痛のケア
 184 呼吸困難のケア
 185 腹痛のケア
 186 老人に多い事故のケア
 187 鼻出血のケア
 188 窒息(嚥下困難,誤飲)のケア
 189 脱水症のケア
第11章 老人によく見る関節痛・皮膚(口腔内ケア・感染症・不明熱)の諸問題を把握しましょう
 190 老人の関節痛への対応
 191 老化と皮膚のケア
 192 老人と口腔内ケア
 193 老人の感染症・不明熱のケア
第12章 ターミナル・ケアのポイントを把握しましょう
 194 医師との連絡はすみましたか
 195 苦痛の緩和に配慮しましたか
 196 安楽な終末のための心づかいはしましたか
 197 家族の心安らかなみとりのための配慮はしましたか
 198 死亡診断書は手配しましたか
 199 死後のケアのための用具は準備しましたか
付録1 介護保険について
付録2 介助用品イラスト資料集


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.