会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「整形外科 Knack & Pitfalls   股関節外科の要点と盲点」の詳細情報です.

整形外科の領域において日常診療に役立つ“コツ”と,陥ってはならない“落とし穴”をまとめた実践的なシリーズ!

整形外科 Knack & Pitfalls
股関節外科の要点と盲点
  • 編集
    久保俊一(京都府立医科大学教授)
  • B5判・398頁・4色刷
    2005年11月3日発行
  • 定価 16,200円(本体 15,000円)
    ISBN978-4-8306-2753-8

この本の内容

シリーズ第4弾は股関節外科をテーマに,スタンダード編と応用編で内容を構成.まず,スタンダード編の‘診察の基本’では疾患確定に至るための各種診察手技・検査法を紹介し,‘代表的な手術療法の要点’では代表的な手術手技の概念・基本手技を解説.応用編では,基本編で挙げられた術式について豊富な術中写真やシェーマを用いて詳しく解説.本書を通して,診断から治療方針・術式決定,手術の実際に至るまでの一連の流れの要点がつかめるように編集されている.

【シリーズの特色】
本シリーズでは整形外科の領域ごとに巻を分け,各巻はその分野を代表する編集者が担当.一般整形外科医が必ず知っておくべき基本的な内容を「スタンダード編」にまとめ,その分野の専門家にとって参考になる高度な内容については「応用編」に分けて記載.カラー写真や図を豊富に用いて,手術操作のコツが読者によく伝わるように編集.また各疾患の基本的知識,手術適応決定に不可欠な画像診断など,手術以外の項目も取り上げ,さらに手術の前段階の保存療法についてもポイントを絞って掲載.臨床現場で使いやすい実践的な内容がまとめられた手引書.
▽シリーズ監修
 岩本幸英(九州大学教授)

主要目次

【サージカル・アプローチに必要な解剖】
  1.股関節前方のサージカル・アプローチ(Smith-Petersen法)の要点
  2.股関節前側方のサージカル・アプローチ(Watson-Jones法)の要点
  3.股関節外側のサージカル・アプローチ(direct lateral法とtranstrochanteric法)の
    要点
  4.股関節後方・後側方のサージカル・アプローチ(Moore法,southern approach)の
    要点
  5.股関節の血行・神経
【スタンダード編】
[I]診断の基本
  1.問診のとり方のコツ
  2.徒手検査のコツ
  3.単純X線読影の要点と盲点
  4.MRI診断の要点
  5.CTの要点
  6.シンチグラフィー要点
  7.MR-angiographyの要点
  8.PETの要点
  9.股関節疾患鑑別のための血液・関節液検査の要点
[II]各種疾患・障害の治療方針
  1.変形性股関節症
  2.大腿骨頭壊死症
  3.大腿骨頚部・転子部骨折
  4.外傷性股関節脱臼・寛骨臼骨折・大腿骨頭骨折
  5.急速破壊型股関節症
  6.一過性大腿骨頭萎縮症・化膿性股関節炎・結核性股間節炎
  7.関節リウマチ
  8.骨系統疾患(epiphyseal dysplasia)
  9.股関節周辺の骨腫瘍
  10.hip-spine syndrome
  11.coxitis knee
  12.股関節・骨盤のスポーツ障害
  13.離断性骨軟骨炎
  14.再置換術の必要な人工骨頭・人工股関節
[III]治療
 A.手術までの保存方法
  1.薬物療法
  2.運動療法・装具療法・生活指導
 B.代表的な手術療法の要点
  1.骨盤側の各種関節温存手術の要点
  2.大腿骨側の各種関節温存手術の要点
  3.関節鏡視下手術・関節固定術・筋解離術・core decompressionの要点
  4.各種人工骨頭置換術の要点
  5.各種人工股関節置換術の要点
  6.各種骨接合材料の要点
  7.人工股関節再置換術の要点
[IV]周術期管理
  1.術前管理の要点
  2.術前の必須検査と必須処置
  3.側臥位settingの要点とコツ
  4.牽引手術台の使い方のコツ
  5.麻酔・周術期疼痛管理
  6.肺塞栓症と神経麻痺に対する対策
  7.術後の必須検査と感染防止対策
  8.人工股関節置換術と骨切り術のクリニカルパスの要点
【応用編】
[I]関節温存手術
  1.寛骨臼回転骨切り術のコツ
  2.寛骨臼移動術のコツ
  3.periacetabular osteotomyのコツ
  4.Chiari骨盤骨切り術変法(大転子切離・ドーム状)のコツ
  5.臼蓋形成術(Lance-神中法)のコツ
  6.大腿骨楔状内反骨切り術のコツ
  7.大腿骨転子間弯曲内反骨切り術のコツ
  8.大腿骨転子部外反骨切り術のコツ
  9.大腿骨外反伸展・外反屈曲骨切り術のコツ
  10.大腿骨頭回転骨切り術のコツ
  11.大腿骨頭壊死症に対する深腸骨回旋動静脈を有茎とした血管柄付き腸骨移植術の
     コツ
  12.遊離血管柄付き腓骨移植術のコツ
[II]関節鏡・関節固定術・筋解離術
  1.関節鏡視下洗浄術・滑膜切除術・関節唇切除術の適応とコツ
  2.関節固定術のコツ
  3.筋解離術のコツ(O'Malley変法筋解離術)
[III]人工骨頭・人工股関節置換術
  1.人工骨頭置換術
  2.セメント人工股関節置換術のコツ
  3.セメントレス人工股関節置換術のコツ
  4.大腿骨骨切り併用人工股関節置換術のコツ
  5.表面置換型人工股関節全置換術
  6.thrust plate hip prosthesis
[IV]骨接合術
  1.大腿骨頚部骨折に対するcannulated cancellous screw (CSS)法のコツと盲点
  2.大腿骨転子部骨折に対するsliding hip screw法の要点と盲点
  3.大腿骨転子部骨折に対する近位髄内釘法のコツと盲点
  4.大腿骨頭骨折に対する骨接合術の要点とコツ
  5.寛骨臼後壁骨折に対する骨接合術の要点とコツ
[V]人工股関節再置換術
  1.インプラント抜去法
  2.弛みを伴わないポリエチレンライナーの破損・脱転および摩耗とosteolysisに対する
    再置換術
  3.セメントレスコンポーネント(臼蓋・大腿骨側)
  4.impaction bone graftingを用いた再建(大腿側)
  5.金属補強器具を用いた股臼側再置換
  6.人工股関節置換術+大腿骨骨折に対する手術
  7.頻回脱臼に対する手術
  8.感染人工関節に対する手術
[VI]minimally invasive surgery (MIS)
  1.MIS mini-oneおよびMIS-antero-lateral incision人工股関節置換術の要点とコツ
  2.MIS two-incision人工股関節置換術の要点とコツ
[VII]コンピュータ手術支援
  1.コンピューター手術支援の概念と要点
  2.寛骨臼回転骨切り術のナビゲーションの要点
  3.人工股関節のナビゲーションの要点
  4.3Dテンプレートの要点
  5.人工股関節のロボット手術の要点と盲点
  6.股関節の動作解析─人工股関節術後脱臼予防への臨床応用─
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.