会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「イラスト小児の生活援助」の詳細情報です.

子どもの生活援助テクニックをオリジナルイラストでわかりやすく解説!

イラスト小児の生活援助
病院・家庭におけるケアの徹底図解─子どもにかかわるすべての人に
  • 編集
    木口チヨ(元埼玉県立小児医療センター)
小林八代枝(埼玉医科大学短期大学看護学科教授)
  • B5判・360頁・2色刷
    2001年12月21日発行
  • 定価 4,104円(本体 3,800円)
    ISBN978-4-8306-4624-9

この本の内容

病院や家庭における子どもに関する生活援助技術を,わかりやすいイラストを多数用いて,多角的・総合的に解説.虐待への対応や在宅療養への援助なども取り上げられている.小児科のナースをはじめ,子どもにかかわるすべての方に読んでいただきたい書.好評『イラスト小児対症ケア』の姉妹編.

主要目次

第1章 子どもの権利と健康な日常
 1.人権保障としての健康と生活
 2.子どもの権利
 3.インフォームド・コンセントと権利保障
第2章 子どもの日常生活援助に必要な要素
 1.子どもの成長・発達
 2.環 境
 3.コミュニケーション
 4.栄 養
 5.遊 び
 6.安 全
 7.社会環境の変化と子育て支援
第3章 子どもの日常生活における援助
 1.栄養・食事
 2.睡眠
 3.排泄
 4.衣服
 5.清潔
 6.住居環境
 7.健康の増進
 8.安全
 9.遊び
第4章 虐待が疑われる時の子どもとその家族への援助
 1.子どもの虐待
 2.虐待に気づくために
 3.虐待を疑ったら
 4.発見から援助まで
第5章 初めての入院のための援助
 1.入院環境に適応するための援助
 2.治療・処置・検査に対する援助
 3.疾病をもつ子どもの日常生活の変化に対する援助
 4.家族への援助
 5.ファミリー・ハウス
 6.セルフヘルプグループ
第6章 入院・症状に対するケア
 1.栄養(食事)が通常に摂取できない場合
 2.排泄
 3.清潔
 4.衣服
 5.睡眠
 6.遊び
 7.学習
 8.病室の環境
 9.安全
 10.症状の緩和
 11.救急蘇生法(心肺蘇生法)
第7章 在宅療養に対する支援
 1.在宅療養に向けて
 2.在宅療養と入院治療との違い
 3.入院中の日常生活支援から在宅療養に向けてのアセスメント
 4.入院中の計画と実施
 5.退院後の計画と実施
 6.社会資源の活用
第8章 クオリティ・オブ・ライフの向上をめざして─小児看護婦の役割
 1.子どもを取り巻く環境の急激な変化
 2.子どもの最善の利益を考えて
 3.日常生活を支援する看護
 4.小児専門看護師の導入について
 5.最後に
資料
 1.小児看護領域で特に留意すべき子どもの権利と必要な看護行為
 2.児童の権利に関する条約


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.