会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「運動療法としてのピラティスメソッド」の詳細情報です.

ピラティスメソッドはアスリートに必要な全ての要素を網羅する!

新刊
運動療法としてのピラティスメソッド
アスリートに対する実践的プログラミング
  • 監修
    近 良明(こん整形外科クリニック院長)
  • 編集
    桑原匠司(PHI Pilates Japan代表)
  • B5変型判・250頁・2色刷
    2017年11月17日発行
  • 定価 4,104円(本体 3,800円)
    ISBN978-4-8306-5185-4

この本の内容

PARTIではピラティスの歴史,医療やコンディショニングの現場からピラティスに関わる研究などの各論を,PARTIIでは部位別の機能改善を目的としたピラティスアプローチを代表的なピラティスの器具を使用して解説している.PARTIIIでは大きなピラティス器具を設置できない様々なスポーツ現場において,持ち運びできるものや現場で用意できるものを使用して,同じ効果の出せるピラティスアプローチをどのようにしているかを解説している.

序 文

序文
 2016年8月,月刊誌の「臨床スポーツ医学」にて,アスリートに対するピラティスメソッドの可能性を特集しました.この特集号はピラティスが医学雑誌で取り上げられるという珍しさの.........

>>続きを読む

主要目次

PART I ピラティスとその周辺領域
 1 ピラティスとは−歴史と日米の現状−
 2 医師に学ぶ運動療法としてのピラティスの可能性
 3 アスレティックトレーナーにとってのピラティス
 4 ピラティスにおける呼吸が体幹機能に与える影響
 5 モーターコントロールの観点から捉える運動療法としてのピラティス
PART II 部位別・疾患別ピラティスの進め方
 1 肩・肘関節
 2 体 幹
 3 股関節
 4 膝関節
 5 足関節・足部
PART III 実践プロトコル編−ピラティスの応用
 1 ウォームアップとウォームダウンとしてのピラティス
 2 陸 上−長距離
 3 野 球
 4 サッカー
 5 バスケットボール
 6 バレーボール
 7 テニス
 8 バドミントン
 9 ラグビー
 10 柔 道
 11 ゴルフ
 12 ダンス


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.