会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「肝疾患診療に役立つ 肝線維化評価テキスト」の詳細情報です.

肝生検なしでもここまでわかる!非侵襲的な肝線維化評価をまとめた画期的な1冊!

新刊
肝疾患診療に役立つ 肝線維化評価テキスト
肝生検から非侵襲的な検査の時代へ
  • 編集
    泉 並木(武蔵野赤十字病院院長)
黒崎雅之(武蔵野赤十字病院消化器科部長)
  • B5判・140頁・2色刷
    2017年9月20日発行
  • 定価 4,860円(本体 4,500円)
    ISBN978-4-8306-2100-0

この本の内容

B型・C型肝炎,脂肪肝などの肝疾患において,肝線維化は病気の進行度や発癌リスクの予測をする上でもっとも重要なファクターである.しかし,現在,肝線維化評価のゴールドスタンダードである肝生検は侵襲性とサンプリングエラーなどの問題がある.本書では,肝生検にかわり,非侵襲的に肝全体の線維化の程度を評価できる有用な検査法として期待されるデバイスや線維化マーカー,スコアリングの概要から臨床への応用について,第一線の専門家が余すところなく解説した.

序 文

序 文
 肝疾患の診療において,肝線維化の程度は最も重要な指標である.慢性肝疾患には,ウイルス性肝炎,非アルコール性脂肪肝炎,自己免疫性肝疾患,アルコール性肝障害などの多彩な.........

>>続きを読む

主要目次

第1章 肝線維化評価の臨床的意義
第2章 肝線維化の非侵襲的評価方法
 1 肝線維化スコアリング(Fib-4 index,APRI,FibroIndex など)
 2 バイオマーカー
  1)血清線維化マーカー
  2)M2BPGi
  3)ELF score
 3 遺伝子
 4 超音波elastography
  1)Transient elastography(TE)
  2)Real-time tissue elastography(RTE)
  3)Shear wave elastography
 5 MR elastography
 6 MR laparoscopy
第3章 臨床への展開
 1 非侵襲的手法の組み合わせによる肝線維化評価
 2 肝癌のリスクを予測する
 3 食道胃静脈瘤の存在を予測する
 4 治療が必要なB型肝炎を見分ける
 5 C型肝炎ウイルス排除後の病態を見極める
 6 自己免疫性肝疾患の病態を診断する
 7 脂肪肝の中からNASHを見分ける
 8 肝生検で得られる付加的情報とは
 索 引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.