会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス   極める大腿骨骨折の理学療法」の詳細情報です.

術式別に医師と理学療法士が解説!大腿骨骨折を「極める」ための書!

臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス
極める大腿骨骨折の理学療法
医師と理学療法士の協働による術式別アプローチ
  • 編集
    斉藤秀之(医療法人社団筑波記念会リハビリテーション事業顧問)
加藤 浩(九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科教授・健康支援科学専攻長)
  • B5判・290頁・2色刷
    2017年5月15日発行
  • 定価 5,940円(本体 5,500円)
    ISBN978-4-8306-4552-5
在庫なし

この本の内容

PART Iでは,骨折・術後理学療法の基礎知識として骨折時の大腿骨に作用する力学的特性や,細胞レベルでみた時の骨折の治癒過程,骨折部位の相異による病態特性,術後の回復過程(急性期,回復期,生活期)について,PART IIでは大腿骨頸部骨折(ハンソンピン,CCHS,人工骨頭置換術[前外側・外側・後方アプローチ])について,PART IIIでは大腿骨転子部・転子下骨折(CHS,PFN)について,PART IVでは大腿骨骨幹部骨折(順行性・逆行性髄内釘)について解説している.


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.