会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「C型肝炎治療のためのDAAの使い方」の詳細情報です.

C型肝炎治療のための直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の使い方をこの1冊で極める!

C型肝炎治療のためのDAAの使い方
  • 編集
    田中 篤(帝京大学医学部内科学講座教授)
  • B5判・128頁・2色刷
    2016年10月21日発行
  • 定価 3,888円(本体 3,600円)
    ISBN978-4-8306-1897-0

この本の内容

2014年以降,高い抗ウイルス効果を持つ直接作用型抗ウイルス薬(DAA)が次々と臨床に登場し,これまで主にインターフェロン(IFN)に頼っていたC型肝炎の治療は一変した.本書は,第1・2章ではC型肝炎診療とDAAの基本的な事項について解説し, 第3章では治療対象・治療方法の選択から,処方の実際,注意すべき副作用,耐性変異,薬剤相互作用,治療後のフォローアップまでの実践的な内容を解説.C型肝炎診療に携わる肝臓内科医必読の1冊.

序 文


 C型肝炎ウイルスhepatitis Cvirus(HCV)に対する抗ウイルス治療の進歩は日進月歩である.はじめて直接作用型抗ウイルス薬direct acting antiviral(DAA)が世に出たのは2011年,わ.........

>>続きを読む

主要目次

第1章 C型肝炎診療の基本
 1 C型肝炎とは? ─感染症ではなく肝疾患・全身疾患として─
 2 C型肝炎の診断
 3 C型肝炎の経過(自然史)
 4 C型肝炎の治療
第2章 DAAとは?
 1 DAAの種類と作用機序
 2 DAAの治療成績
第3章 DAAによるC型肝炎治療の実際
 1 治療対象・治療方法の選択
 2 DAA処方の実際
  A プロテアーゼ阻害薬を含む3剤併用療法
  B IFN-free療法
   ① ダクラタスビル+アスナプレビル併用療法
   ② ソホスブビル+リバビリン併用療法
   ③ ソホスブビル/レジパスビル併用療法
   ④ オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル併用療法
 3 副作用への対策
 4 耐性変異への対策
 5 薬物相互作用への注意
 6 治療後のフォローアップ
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.