会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「一歩進んだ腹部エコーの使い方」の詳細情報です.

”一歩進んだ”腹部エコーの使い方を身につける!

一歩進んだ
腹部エコーの使い方
エコーが役立つとき・役立たないとき
  • 編集
    辻本文雄(聖マリアンナ医科大学臨床検査医学教授)
中島康雄(聖マリアンナ医科大学放射線医学教授)
宮地良樹(滋賀県立成人病センター病院長)
上田裕一(奈良県総合医療センター総長)
郡 義明(天理よろづ相談所病院白川分院院長)
服部隆一 (島田市病院事業管理者)
  • B5判・266頁・2色刷
    2016年3月18日発行
  • 定価 8,640円(本体 8,000円)
    ISBN978-4-8306-3746-9

この本の内容

いまや臨床医にとって必須のスキルとなった腹部エコーだが,再現性に乏しく苦手意識をもつ医師は多い.そこで本書は,診断を下すときにエコーが役に立つ状況,あるいは逆に役立たない状況をとりあげ,臨床医のニーズに応える内容とした.さらに,意外と知らない知識,見落としがちな所見を紹介し,エコーの思わぬ落とし穴についても解説を加え,“一歩進んだ”エコーの知識を存分に披露した内容となっている.

☆電子版のご案内☆
 本書の電子版がついに登場!!
  ▶「一歩進んだ 腹部エコーの使い方(電子版/PDF)」

    【販売先:Knowledge Worker E-books】 *ご購入はこちらのサイトへ>>

序 文

序文
 いまや腹部エコーは消化器内科や臨床検査・放射線技師ばかりでなく救急医療・総合診療の場でも活躍する,様々な科の医師にとって必須の技術であります.
 一方で腹部エコーは万.........

>>続きを読む

主要目次

I 腹部エコーが役に立つ疾患/ 役に立たない疾患
II 意外と知らない腹部エコーの知識
 1.肝臓の超音波解剖を理解していますか?
 2.胆囊の超音波解剖を理解していますか?
 3.膵の盲点領域をなくそう!
 4.脾腫の判定:spleen indexだけで十分ですか?
 5.腎臓の超音波解剖を理解していますか(腎洞・皮質・髄質)?
  ミニレクチャー 副腎は診ますか?
  ミニレクチャー 結石
  ミニレクチャー 臓器の腫大・萎縮をエコーからどう評価するか
III うっかり陥る腹部エコーの落とし穴
 1.肝内の高エコー腫瘤を血管腫と安易に診断していいでしょうか?
 2.肝実質高エコーは必ずしも脂肪浸潤ではない
  ミニレクチャー 脂肪の見え方
 3.ポリープ? いいえ,胆石です
 4.腎細胞癌を見落としていませんか?
 5.胃癌:スクリーニングでも胃は診ましょう
 6.腹部疾患と思いきや
 7.痛いところに病気はありませんか?!
 8.血管も診ましょう!
  ミニレクチャー カラードプラが診断に役立つ症例
IV こんな時,腹部エコーは役立つ!/ 役立たない?
 1.黄疸
 2.脂肪肝・NASH
 3.急性肝障害
 4.慢性肝障害(慢性肝炎・肝硬変)
 5.急性胆囊炎
 6.膵腫瘤
  ミニレクチャー 膵IPMN
 7.腎炎症性疾患
 8.鼠径ヘルニアの超音波検査
 9.イレウス
 10.消化管炎症性疾患
 11.若い女性の腹痛
 12.小児の疾患
 13.腹部外傷
  ミニレクチャー 血腫の見え方
Further Reading
索 引
付録


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.