会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「病理と臨床 2015年臨時増刊号(33巻)   病理診断クイックリファレンス」の詳細情報です.

全身臓器の病理診断をクイックかつ正確に!

病理と臨床 2015年臨時増刊号(33巻)
病理診断クイックリファレンス
  • 編集
    病理と臨床 常任編集委員会
  • B5変型判・368頁・4色刷
    2015年4月10日発行
  • 定価 8,640円(本体 8,000円)

この本の内容

病理診断業務上,重要なもの,臓器専門家以外の病理医にとって時に間違える可能性があるもの,病理専門医試験によく出題される,必修の疾患項目を取り上げている.それぞれの疾患項目では,各1ページの中に基礎知識,診断根拠,診断クルーとなる所見,鑑別診断,ピットフォールをコンパクトにまとめ,的確な最小限の写真とともに素早く参照できるようにした.専門試験受験対策からベテラン病理医の復習用まで幅広くご利用いただける一冊.
☆図版3点,表組6点,カラー写真803点

>>▶見本ページはこちら

序 文

発刊にあたって

 日々病理学,病理診断についての新しい情報は発表されており,我々病理医にとって自分の専門以外の幅広い分野の情報をfollowしていくのは大変なことです.若手病理医.........

>>続きを読む

主要目次

第1章 心・血管
 1.心アミロイドーシス
 2.心粘液腫
 3.サルコイドーシス
 4.感染性心内膜炎
 5.Fabry病
 6.心筋炎
 7.肥大型心筋症
 8.心横紋筋腫
 9.囊胞状中膜壊死
第2章 肺(非腫瘍)
 1.肺分画症
 2.肺胞蛋白症
 3.過敏性肺臓炎
 4.サルコイドーシス
 5.多発性血管炎性肉芽腫症
 6.石綿肺
 7.びまん性肺胞傷害
 8.原発性肺動脈性肺高血圧症
 9.羊水塞栓症
 10.肺クリプトコッカス症
 11.肺アスペルギルス症
 12.ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)
 13.イヌ糸状虫症
第3章 肺・胸膜・縦隔(腫瘍)
 1.カルチノイド腫瘍
 2.小細胞癌
 3.多形癌
 4.上皮内腺癌(AIS),微少浸潤性腺癌(MIA)
 5.類上皮性血管内皮腫
 6.肺芽腫
 7.硬化性血管腫
 8.過誤腫
 9.Multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia
 10.リンパ脈管筋腫症
 11.炎症性偽腫瘍
 12.孤在性線維性腫瘍
 13.悪性中皮腫
 14.好酸球性肉芽腫
 15.Paraganglioma
 16.MALTリンパ腫
 17.胸腺腫(分類)
 18.Castleman病
第4章 頭頸部(口腔,唾液腺など)
 1.扁平苔癬
 2.疣状癌
 3.顆粒細胞腫
 4.歯根囊胞
 5.エナメル上皮腫
 6.エナメル上皮線維腫
 7.角化囊胞性歯原性腫瘍
 8.腺腫様歯原性腫瘍
 9.石灰化上皮性歯原性腫瘍
 10.巨細胞修復性肉芽腫
 11.線維性骨異形成
 12.多形腺腫
 13.ワルチン腫瘍
 14.基底細胞腺腫
 15.腺房細胞癌
 16.粘表皮癌
 17.腺様囊胞癌
 18.唾液腺導管癌
 19.鼻副鼻腔乳頭腫
 20.鼻咽頭癌
 21.若年性血管線維腫
 22.節外性NK/T cellリンパ腫,鼻型
 23.霰粒腫
 24.真珠腫
第5章 食道・胃
 1.顆粒細胞腫
 2.類基底細胞癌
 3.癌肉腫
 4.バレット腺癌
 5.胃型腺癌
 6.AFP産生胃癌
 7.EBウイルス関連胃癌
 8.MALTリンパ腫とDLBCL
 9.胃型腺腫
 10.カンジダ症
 11.ヘルペス感染
 12.黄色腫
 13.胃底腺ポリープ,過形成性ポリープ
 14.H. pylori胃炎
 15.炎症性線維性ポリープ
 16.異所性膵
第6章 腸管
 1.鋸歯状腺腫
 2.腺腫内癌
 3.カルチノイド腫瘍,杯細胞カルチノイド
 4.Peutz-Jeghersポリープ
 5.Brunner腺過形成
 6.直腸肛門部悪性黒色腫
 7.粘膜逸脱症候群
 8.アメーバ腸炎
 9.腸管スピロヘータ症
 10.ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)
 11.虚血性腸炎
 12.偽膜性腸炎
 13.若年性ポリープ
 14.クローン病
 15.腸管子宮内膜症
 16.Colitic cancer
 17.腸囊胞状気腫症
 18.Collagenous colitis
 19.メッケル憩室
 20.住血吸虫症
 21.サイトメガロ感染症
第7章 肝
 1.混合型肝癌
 2.高分化型肝細胞癌
 3.過誤腫(胆管腺腫)
 4.限局性結節性過形成
 5.原発性胆汁性肝硬変
 6.NASH
 7.C型肝炎
 8.ヘモクロマトーシス
第8章 胆膵
 1.Solid pseudopapillary tumor(neoplasm)
 2.漿液性囊胞腫瘍
 3.粘液性囊胞腫瘍
 4.高分化内分泌癌(神経内分泌腫瘍,G2)
 5.腺房細胞癌
 6.コレステロールポリープ
 7.自己免疫性膵炎
 8.胆囊腺筋(腫)症
第9章 腎(非腫瘍)
 1.膜性腎症
 2.糖尿病性腎症
 3.ループス腎炎
 4.半月体形成性腎炎およびGoodpasture症候群
 5.膜性増殖性糸球体腎炎
 6.Dense deposit disease
 7.微小変化型ネフローゼ症候群
 8.管内増殖性糸球体腎炎
 9.急性尿細管壊死
 10.腎アミロイドーシス
 11.腎結核
 12.黄色肉芽腫性腎盂腎炎
第10章 腎(腫瘍)・尿路
 1.乳頭状腎細胞癌
 2.嫌色素性腎細胞癌
 3.集合管癌
 4.腎芽腫(Wilms腫瘍)
 5.血管筋脂肪腫
 6.オンコサイトーマ
 7.Inverted papilloma(内反性乳頭腫)
 8.尿路上皮内癌(CIS)
 9.尿膜管癌
 10.腺性膀胱炎
第11章 女性生殖器
 1.尖圭コンジローマ
 2.小細胞癌
 3.CINとコイロサイトーシス
 4.微小浸潤癌
 5.上皮内腺癌
 6.メラノサイト系病変
 7.分葉状頸管腺過形成
 8.頸管ポリープ
 9.子宮内膜ポリープ
 10.Bizarre平滑筋腫
 11.Adenomatoid tumor
 12.子宮内膜増殖症
 13.無排卵性内膜剝離
 14.異型ポリープ状腺筋腫
 15.子宮内膜間質肉腫
 16.顆粒膜細胞腫
 17.性腺芽腫
 18.漿液性腺癌
 19.粘液性腺癌
 20.Krukenberg 腫瘍
 21.セルトリ・ライディッヒ細胞腫
 22.卵黄囊腫瘍
 23.Brenner腫瘍
 24.明細胞腺癌
 25.卵巣甲状腺腫
 26.未分化胚細胞腫(ディスジャーミノーマ)
 27.未熟奇形腫
 28.線維腫
 29.胞状奇胎
 30.妊娠高血圧症候群
 31.卵管妊娠
 32.Arias-Stella反応
 33.Placental site nodule(着床部結節)
 34.Aggressive angiomyxoma(侵襲性血管粘液腫)
 35.Polycystic ovarian disease
 36.癌肉腫
 37.クラミジア感染症
第12章 男性生殖器
 1.前立腺癌(Gleason分類)
 2.導管腺癌
 3.基底細胞過形成
 4.混合性胚細胞腫瘍
 5.Leydig cell tumor
 6.精巣悪性リンパ腫
 7.精子肉芽腫
 8.アデノマトイド腫瘍
 9.肉芽腫性前立腺炎
 第13章 乳腺
 1.浸潤性乳管癌
 2.浸潤性小葉癌
 3.Paget病
 4.粘液癌
 5.アポクリン癌
 6.髄様癌
 7.管状癌
 8.分泌癌
 9.非浸潤性乳管癌
 10.葉状腫瘍(良悪)
 11.乳管内乳頭腫
 12.乳頭部腺腫
 13.管状腺腫
 14.腺筋上皮腫
 15.線維腺腫
 16.硬化性腺症
 17.肉芽腫性乳腺炎
第14章 内分泌
 1.濾胞型乳頭癌
 2.濾胞癌
 3.髄様癌
 4.未分化癌
 5.亜急性甲状腺炎
 6.硝子化索状腫瘍
 7.パラガングリオーマ
 8.神経節細胞腫
 9.神経芽細胞腫
 10.副腎皮質腺腫
 11.副腎皮質癌
第15章 リンパ節,脾臓
 1.ホジキンリンパ腫
 2.濾胞性リンパ腫
 3.マントル細胞リンパ腫
 4.血管免疫芽球性T細胞リンパ腫
 5.リンパ芽球性リンパ腫/白血病
 6.Castleman病
 7.壊死性リンパ節炎(菊池病)
 8.皮膚病性リンパ節症
 9.トキソプラズマ症
 10.ネコひっかき病
 11.結核性リンパ節炎
 12.良性上皮封入像(特に卵管内膜症について)
 13.ゴーシェ病
 14.炎症性筋線維芽細胞腫瘍
第16章 血液・骨髄
 1.急性前骨髄球性白血病
 2.慢性骨髄性白血病
 3.慢性リンパ性白血病
 4.成人T細胞性白血病
 5.骨髄異形成症候群
 6.多発性骨髄腫
 7.巨赤芽球性貧血
 8.原発性骨髄線維症
 9.本態性血小板血症
第17章 骨・軟部
 1.滑膜肉腫
 2.脂肪肉腫(粘液型,高分化型)
 3.胞巣状軟部肉腫
 4.胎児型横紋筋肉腫
 5.類上皮肉腫
 6.軟部明細胞肉腫
 7.紡錘形細胞脂肪腫
 8.陳旧性神経鞘腫
 9.顆粒細胞腫
 10.結節性筋膜炎
 11.弾性線維腫
 12.びまん型腱滑膜巨細胞腫
 13.痛風結節
 14.多発性筋炎
 15.筋強直性ジストロフィー
 16.軟骨肉腫
 17.骨肉腫
 18.脊索腫
 19.線維性異形成
 20.好酸球性肉芽腫
 21.軟骨芽細胞腫
 22.Brown tumor(褐色腫瘍)
 23.類骨骨腫
 24.骨折治癒遅延
第18章 皮膚
 1.血管肉腫
 2.メルケル細胞癌
 3.悪性黒色腫
 4.日光角化症
 5.脂腺癌
 6.乳房外Paget病
 7.基底細胞癌
 8.菌状息肉腫
 9.皮膚混合腫瘍
 10.スピッツ母斑
 11.皮膚線維腫
 12.隆起性皮膚線維肉腫
 13.汗孔腫
 14.乳頭状汗管囊胞腺腫
 15.結節性汗腺腫
 16.グロムス腫瘍
 17.尋常性疣贅
 18.脂漏性角化症
 19.カポジ肉腫
 20.青色母斑
 21.外毛根鞘囊腫
 22.アナフィラクトイド紫斑
 23.結節性紅斑
 24.環状肉芽腫
 25.尋常性乾癬
 26.膿疱性乾癬
 27.尋常性天疱瘡
 28.水疱性類天疱瘡
 29.扁平苔癬
 30.若年性黄色肉芽腫
 31.伝染性軟属腫
 32.コレステロール塞栓症
 33.木村病
 34.色素性蕁麻疹
第19章 神経
 1.毛様細胞性星細胞腫
 2.乏突起膠腫
 3.膠芽腫
 4.中枢性神経細胞腫
 5.粘液乳頭状上衣腫
 6.胚細胞腫
 7.血管芽腫
 8.血管腫性髄膜腫
 9.頭蓋咽頭腫
 10.網膜芽細胞腫
 11.胚芽異形成性神経上皮腫瘍
 12.進行性多巣性白質脳症
 13.クロイツフェルト・ヤコブ病
 14.多系統萎縮症
 15.アルツハイマー病(老人斑,アルツハイマー神経原線維変化)
 16.脳アミロイド血管症
 17.パーキンソン病(Lewy小体)
 18.ALS(ブニナ小体)
 19.多発性硬化症
 20.脳梗塞
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.