会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「内科レジデント実践マニュアル」の詳細情報です.

内科研修に必携!病棟,外来ですぐ役立つ実践的マニュアル

内科レジデント実践マニュアル
経時的流れに応じた適切な治療
第10版
  • 編集
    三井記念病院内科
  • B6変型判・500頁・2色刷
    2015年3月23日発行
  • 定価 4,104円(本体 3,800円)
    ISBN978-4-8306-2032-4

この本の内容

ロングセラーの内科研修マニュアルの3年ぶりとなる改訂版.三井記念病院内科が総力をあげて編集・執筆した,レジデントのための珠玉の1冊.「針刺し時の対応」,「お役立ちサイト集」などの新しい項目を設け,全体的に最新情報を加えてさらに使いやすく,読みやすい内容となった.いつも手元に置いて,日常の診療に役立てていただきたい.
☆図版68点,表組116点

☆「内科レジデント実践マニュアル 第10版」電子版のご案内
内科研修医におすすめのロングセラー「内科レジデント実践マニュアル 第10版」の
電子版が登場!!
▶「内科レジデント実践マニュアル 第10版(PDA版)」
  【販売先:M2PLUS】 *ご購入はこちらのサイトへ
>>
▶「内科レジデント実践マニュアル 第10版(電子版/PDF)」
  【販売先:Knowledge Worker E-books】 *ご購入はこちらのサイトへ
>>

序 文

●第10版発行に際して
 本マニュアルも第10版を出すこととなった.発展途上の臨床医が手元に置いて役立つマニュアルを目指してきたが,至らぬ点があればご指摘をいただき,今後も改善して.........

>>続きを読む

主要目次

●第10版に際して
病棟医の心得
1 心肺蘇生法(CPR)
2 ショック,SIRS(敗血症),アレルギー
 I.ショック
 II.SIRS(敗血症)
 III.アレルギー
3 胸痛,呼吸困難,腹痛
 I.胸痛
 II.呼吸困難
 III.腹痛
4 意識障害・意識の変容
 I.意識障害
 II.せん妄
 III.アルコール多飲者が入院した場合の注意点
5 頭痛
6 けいれん,てんかん
 I.けいれん[発作]
 II.てんかん
7 めまい
8 貧血,出血傾向,DIC
 I.貧血
 II.出血傾向
 III.DIC
9 急性冠症候群(ACS)
 I.診断,状態の把握,初期緊急処置
 II.初期治療
 III.合併症
 IV.リハビリテーション
 V.二次予防
10 心不全
 I.診断の手順
 II.急性期治療
 III.慢性期への移行
 IV.非薬物治療
 V.退院時の注意:患者指導
11 不整脈
12 急性大動脈解離
13 高血圧緊急症
14 感染性心内膜炎(IE)
15 急性肺血栓塞栓症(PTE)
16 術前の循環器評価
17 呼吸不全,気胸
 I.呼吸不全
 II.気胸
18 気管支喘息
19 肺炎
20 消化管出血
 I.消化管出血の一般的対応:診察〜初期治療
 II.上部消化管出血
 III.下部消化管出血
 IV.上下部内視鏡で出血源が不明なとき
 V.内視鏡検査に伴う消化管出血
21急性腹症,胆・膵疾患
 I.急性腹症
 II.胆・膵疾患
22 肝不全
 I.急性肝不全の概要
 II.劇症肝炎,急性肝炎重症型
 III.ショック肝
 IV.慢性肝不全
 V.肝障害患者に対する薬物の使い方
23 脳血管障害
 I.一過性脳虚血発作(TIA)
 II.脳梗塞,脳出血
24 髄膜炎
25 糖尿病
26 内分泌緊急症
 I.副腎クリーゼ(急性副腎不全)
 II.甲状腺クリーゼ(Basedowクリーゼ)
 III.粘液水腫昏睡
27 膠原病・リウマチ患者の初期対応
28 急性腎障害・慢性腎臓病と透析療法
 I.急性腎障害(AKI)
 II.造影剤腎症
 III.慢性腎臓病と透析療法
 IV.腎不全患者に対する薬物の使い方
29 電解質異常・酸塩基平衡異常
 I.Kの異常
 II.Naの異常
 III.Caの異常
 IV.Pの異常
 V.Mgの異常
 VI.酸塩基平衡の異常
30 食事療法,経腸栄養
 I.食事療法
 II.経腸栄養
31 輸液療法
 I.輸液療法の概要
 II.中心静脈栄養(TPN)
 III.維持透析患者の輸液療法
32 輸血療法
33 がん化学療法と緩和支持療法
 I.がん化学療法
 II.緩和支持療法
34 医療行為に伴う合併症とその対策
35 NOTE
 1 血液型判定
 2 交差適合試験(生理食塩水→ブロメリン法)
 3 針刺し事故の対応
 4 心電図の記録法
 5 経胸壁心エコーの計測基準値と基本的操作法
 6 腹部エコーの基本的操作法
 7 眼底所見の分類
 8 主な診療ガイドライン
 9 お役立ちサイト集
●索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.