会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「循環器医が知っておくべき漢方薬」の詳細情報です.

循環器診療における西洋医学と漢方の併用という新しい『考え方』

循環器医が知っておくべき漢方薬

  • 北村 順(神戸海星病院内科部長)
  • 監修
    田邊一明(島根大学医学部内科学第四・教授)
  • A5判・112頁・2色刷
    2013年2月26日発行
  • 定価 3,024円(本体 2,800円)
    ISBN978-4-8306-1920-5

この本の内容

循環器診療において漢方薬はあくまでも脇役に過ぎない.しかし,定石といえる治療に抵抗する症例や現代医学では対応しがたい患者からの訴えなどにおいて,漢方薬はときに有効である.心不全患者の風邪予防,高血圧の随伴症状,降圧剤の副作用,低血圧・ふらつきなど.本書は,循環器医が日常診療でよく遭遇するケースを中心に処方例を取り上げた.漢方の知識がなくても,明日から手軽に漢方薬を処方できる1冊.
☆図版9点,表組12点

▽大好評姉妹本のご案内
 続・循環器医が知っておくべき漢方薬

序 文

監修のことば
 2008年5月に私が母校の教授として赴任した際,少ない医局員の中で右腕として助けてくれたのが北村 順先生でした.北村先生は私の大学の7年後輩で,大学から榊原記念病院.........

>>続きを読む

主要目次

はじめに
循環器医として漢方と向き合うコツ
漢方エキス製剤の基本的な使い方
高血圧
低血圧
めまい・ふらつき
不整脈・動悸
浮腫・胸水・心嚢水・腹水
心不全
虚血性心疾患・胸痛
肥満
知っておくと便利な処方 侵襲的治療による合併症対策
知っておくと便利な処方 様々な症状・病態に使える漢方
漢方薬の副作用について
甘草による偽アルドステロン症
あとがき
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.