会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「骨腫瘍の病理」の詳細情報です.

正確な骨腫瘍の診断に欠かせない一冊!

骨腫瘍の病理

  • 石田 剛( 国立国際医療研究センター国府台病院中央検査部部長)
  • B5変型判・510頁・4色刷
    2012年3月24日発行
  • 定価 30,240円(本体 28,000円)
    ISBN978-4-8306-0471-3

この本の内容

骨腫瘍を専門としない病理医にとっては,遭遇する機会の少ない骨腫瘍の日常診断に際して,慣れない画像所見,骨腫瘍独特の疾患分類や所見に戸惑い,自信をもって診断をつけることが難しいことも多いと思われる.しかしながら本書はそのような読者のために,日常診断に活用することができるよう標準的な内容のreference bookとして,多数の病理組織写真やX線写真を用いて骨腫瘍および骨腫瘍様病変の病理をまとめた解説書である.
☆図版78点,表組27点,カラー写真565点,モノクロ写真354点

書 評

Only one book in Japan
評者:岡田恭司(秋田大学医学部保健学科教授)

 初めて本書をめくってみた時に驚いた.骨腫瘍の本では単純X線,MRI,CT,マクロ標本や病理組織の写真が必須であるが,それらが非常に美しく見やすいのである.水準の高い写真が本書の全編にわたっていて,著者の写真撮影技術と出版社の印刷技術の高さに感心した.時々依頼原稿などで骨腫瘍のことを書く機会があるが,出版されたものの写真のqualityに失望することがこれまで稀ではなかった.その点,本書の写真のqualityは群を抜いていると思う.
もちろん美しさだけではない.どのX線写真も肉眼像も組織写真も「典型的」な像や所見が採用されている.非定型的な例が稀ではないのが骨腫瘍の一つの特徴ではあるが,本書では稀にしか遭遇しない枝葉末梢は削られ,「典型的」なものがしっかりと強調されている.以前,某医学雑誌で,整形外科医が書いた軟骨芽細胞腫に関する症例報告をreviewしたことがある.その論文は本文の記載などは問題ないのだが,病理組織像として腫瘍細胞間のchicken-wire calcificationの部位を1枚だけ載せ,これが典型像なので軟骨芽細胞腫と診断したと述べていた.診断の根拠となる病理組織写真を一枚だけ出すのなら,エオジンにピンクに染まる軟骨島と,均一性のある類円形細胞の接する部位を中拡大か強拡大像で出すべきと私なら思う.組織写真の撮り方や選び方には整形外科医と病理医間には雲泥の差が存在するが,もしもこの整形外科医が本書を事前に読み軟骨芽細胞腫の「典型的」組織像を知っていたら,こんな選択ミスはしなかったのだろうと思う.「典型的」組織像が満載の本書を,特にこれから専門医を受験する整形外科医に一読していただくよう勧めたい.
 恐らく著者は留学時代の師匠であるDr. Dorfmanの“Bone Tumors”を意識して書かれたのであろうと全体の構成を見て感じる.疾患名や分類,名称も現時点での標準と思われる構成になっていて教科書としてふさわしく,各疾患の記述も簡潔な文章が主体で,“Bone Tumors”に似てコンパクトにまとめられていて読みやすい.近年の分子生物学的な進歩は骨腫瘍においても目覚ましく,全領域にわたって最新の知識を得るのは容易なことではない.その点,本書はコンパクトなのに最新の知識や治療成績などの臨床情報が手軽に得られる構成になっている.骨軟部腫瘍を専門とする先生方にとっても,本書はonly one book in Japanと自信を持って言える.もちろん学問の進歩に伴い,内容の改訂は必須である.怠慢な私が言えることではないのを承知で申し上げるが,改訂をいつも心がけていただき,常にonly one book in Japanと呼ばれる水準を保てるよう著者と出版社にお願いしたい.
 本書の序文にもあるように骨腫瘍の教科書はこれまで英文のものが主体で,日本語で書かれたものは少なかった.また類書はあっても共著のものが多く,どうしても統一性に欠ける点が否めなかった.そんな中にあって単著で,かつこれだけの「典型的」な写真や記述を用意することは並大抵の努力でなかったろうと思う.本書の著者である石田剛先生は冷静さと熱い情熱を兼ね備えた病理医である.これまで種々の症例検討会などで,熱い情熱と冷静沈着な診断とを何度も目にしてきたが,この本は石田先生の情熱がほとばしるような本である.ついに出来上がったonly one book in Japanに心からの賛辞を送りたい.
(臨床雑誌「整形外科」(南江堂)2012年7月号掲載)

>>その他の書評(「病理と臨床」2012年6月号掲載)

主要目次

第1章 総論 GENERAL CONSIDERATION
 I.イントロダクションIntroduction
 II.骨の正常構造 Normal anatomy and histology of bone
 III.骨腫瘍の分類 Classification of bone tumors
 IV.骨腫瘍の画像所見 Radiographic findings of bone tumors
 V.骨腫瘍へのアプローチと検索方法 Approaches and Handling methods for bone
   tumors
第2章 良性骨形成性腫瘍 BENIGN BONE-FORMING TUMORS
 I.骨腫 Osteoma Gardner syndrome
 II.類骨骨腫 Osteoid osteoma
 III.骨芽細胞腫 Osteoblastoma Aggressive osteoblastoma
第3章 悪性骨形成性腫瘍 MALIGNANT BONE-FORMING TUMORS 骨肉腫Osteosarcoma
 I.髄内骨肉腫 Intramedullary Osteosarcomas
  1.通常型骨肉腫Conventional osteosarcoma
  2.血管拡張型骨肉腫 Telangiactatic osteosarcoma
  3.骨内高分化型骨肉腫 Intraosseous well differentiated osteo-sarcoma
  4.小細胞型骨肉腫 Small cell osteosarcoma
 Ⅱ.骨皮質内骨肉腫 Intracortical osteosarcoma
 Ⅲ.骨表面骨肉腫SurfaceOsteosarcomas
  1.傍骨性骨肉腫 Parosteal osteosarcoma
  2.骨膜性骨肉腫 Periosteal osteosarcoma
  3.表在高悪性骨肉腫 High-grade surface osteosarcoma
 Ⅳ.その他の骨肉腫 Other Osteosarcomas
  1.多発性骨肉腫 Multicentric osteosarcoma
  2.二次性骨肉腫 Secondary osteosarcoma
  3.先天性・遺伝性症候群に合併する骨肉腫Osteosarcoma associated with congenital
   and inherited syndrome
第4章 良性軟骨性腫瘍 BENIGN CARTILAGINOUS TUMORS
 I.内軟骨腫 Enchondroma
 II.骨膜性軟骨腫 Periosteal chondroma
 III.内軟骨腫症 Enchondromatosis
   Ollier’s disease
   Maffucci syndrome
 IV.骨軟骨腫Osteochondroma
 V.多発性骨軟骨腫 Multiple osteochondromas
 VI.軟骨芽細胞腫 Chondroblastoma
 VII.軟骨粘液線維腫 Chondromyxoid fibroma
第5章 悪性軟骨性腫瘍 MALIGNANT CARTILAGINOUS TUMORS
 I.軟骨肉腫 Chondrosarcoma
  二次性軟骨肉腫 Secondary chondrosarcoma
 II.脱分化型軟骨肉腫 Dedifferentiated chondrosarcoma
 III.淡明細胞型軟骨肉腫 Clear cell chondrosarcoma
 IV.間葉性軟骨肉腫 Mesenchymal chondrosarcoma
 V. 膜性軟骨肉腫 Periosteal (juxtacortical) chondrosarcoma
第6章 骨巨細胞腫 GIANT CELL TUMOR OF BONE
 I.骨巨細胞腫 Giant cell tumor
 II.悪性骨巨細胞腫 Malignant giant cell tumor
第7章 Ewing肉腫ファミリー腫瘍 EWING SARCOMA FA,MILY OF TUMORS
 I.Ewing肉腫ファミリー腫瘍 Ewing sarcoma family of tumors/Ewing肉腫 Ewing
  sarcoma/ 原始神経外胚葉性腫瘍 primitive neuroectodermal tumor (PNET)
第8章 線維性・線維組織球性腫瘍 FIBROUS AND FIBROHISTIOCYTIC TUMORS
 I.非骨化性線維腫 Nonossifying fibroma (metaphyseal fibrous defect) Multifocal
  nonossifying fibroma Jaffe-Campanacci syndrome
 II.良性線維性組織球腫 Benign fibrous histiocytoms of bone
 III. 筋線維芽細胞腫症Myofibromatosis
 IV. 類腱線維腫 Desmoplastic fibroma
 V. 線維肉腫 Fibrosarcoma
 VI. 悪性線維組織球腫 Malignant fibrous histiocytoma
第9章 線維・骨形成病変 FIBRO-OSSEOUS LESIONS OF BONE
 I. 線維性骨異形成 Fibrous dysplasia
  McCune-Albright syndrome
  Mazabraud syndrome
  Fibrocartilaginous dysplasia
  Liposclerosing myxofibrous tumor
 II. 骨線維性異形成 Osteofibrous dysplasia
 III. 骨化性線維腫Ossifying fibroma of gnathic and facial bones
第10章 骨脈管性腫瘍 VASCULAR TUMORS OF BONE
 I. 血管腫 Hemangioma of bone
 II. リンパ管腫 Lymphangioma of bone/ リンパ管腫症Lymphangiomatosis of bone
 III. 血管腫症Angiomatosis of bone
  嚢胞状血管腫症 Cystic angiomatosis
 IV. 広範骨融解 Massive osteolysis (Gorham-Stout disease)
 V. グロームス腫瘍 Glomus tumor
 VI. 血管内皮腫 Hemangioendothelioma of bone
 VII. 類上皮血管内皮腫 Epithelioid hemangioendothelioma of bone
 VIII. 血管肉腫 Angiosarcoma of bone
類上皮血管肉腫 Epithelioid angiosarcoma
第11章 脊索細胞性腫瘍 NOTOCHORDAL CELL TUMORS
 I. 遺残脊索 Notochordal remnant (Notochordal vestige)
 II. 良性脊索細胞性腫瘍 Benign notochordal cell tumor
 III. 脊索腫 Chordoma
 IV. 軟骨様脊索腫 Chondroid chordoma
 V. 脱分化型脊索腫 Dedifferentiated chordoma
   肉腫様脊索腫 Sarcomatoid chordoma
 VI. 異型脊索腫 Atypical chordoma (小児の低分化型脊索腫 Poorly differentiated chordoma of childhood)
第12章 長管骨アダマンチノーマ ADAMANTINOMA OF LONG BONES
 I. 骨線維性異形成 Osteofibrous dysplasia
 II. 長管骨アダマンチノーマ Adamantinoma of long bones
 III. 骨線維性異形成様アダマンチノーマ Osteofibrous dysplasia-like adamantinoma
第13章 造血器系腫瘍 HEMATOPOIETIC, LYMPHOID, AND HISTIOCYTIC TUMORS
 I. 骨髄腫 Myeloma(形質細胞腫瘍Plasma cell neoplasms)
   Plasma cell myeloma
   Solitary plasmacytoma of bone
   POEMS syndrome
 II. 悪性リンパ腫 Malignant lymphoma
 III. Langerhans細胞組織球症 Langerhans cell histiocytosis
 IV. Erdheim-Chester病Erdheim-Chester disease
 V. 巨大なリンパ節腫大を伴う洞組織球症Sinus histiocytosis with massive
   lymphadenopathy(Rosai-Dorfman病Rosai-Dorfman disease)
 VI. 肥満細胞症Mastocytosis
第14章 その他の骨腫瘍 MISCELLANEOUS TUMORS OF BONE
 I. 骨脂肪腫 Lipoma of bone
 II. 脂肪肉腫 Liposarcoma
 III. 神経鞘腫 Schwannoma
 IV. 神経線維腫 Neurofibroma
 V. 悪性末梢神経鞘腫瘍Malignant peripheral nerve sheath tumor
 VI. 平滑筋腫Leiomyoma
 VII. 平滑筋肉腫 Leiomyosarcoma
 VIII. 横紋筋肉腫 Rhabdomyosarcoma
 IX. 腫瘍性骨軟化症Oncogenic osteomalacia/ Phosphaturic mesenchymal tumor
 X. 胸壁過誤腫Chest wall hamartoma
 XI. 線維軟骨性間葉腫Fibrocartilaginous mesenchymoma of bone
 XII. 乳幼児色素性神経外胚葉性腫瘍 Melanotic neuroectodermal tumor of infancy
 XIII. 粘液腫/ 線維粘液腫Myxoma/ fibromyxoma of bone
 XIV. 黄色腫Xanthoma of bone
 XV. 悪性間葉腫Malignant mesenchymoma (Multipotential primitive sarcoma,
   polyhistioma)/癌肉腫Carcinosarcoma
 XVI. 骨に発生する軟部腫瘍Soft tissue tumors arising in bone
第15章 腫瘍様病変 TUMOR-LIKE LESIONS OF BONE
 I. 単発性骨嚢腫 Solitary bone cyst
 II. 動脈瘤様骨嚢腫 Aneurysmal bone cyst
 III. 巨細胞修復肉芽腫 Giant cell reparative granuloma
 IV. 骨内ガングリオン Intraosseous ganglion
 V. 類表皮嚢胞 Intraosseous epidermoid cyst
 VI. 爪下外骨腫 Subungual exostosis
 VII. 傍骨性骨軟骨異型増生 Bizarre parosteal osteochondromatous proliferation
 VIII. Florid reactive periostitis
 IX. 骨梗塞 Bone infarct
 X. Paget病 Paget’s disease of bone
 XI. 褐色腫(上皮小体機能亢進症)Brown tumor of hyperparathyroidism
 XII. アミロイド腫瘍 Amyloid tumor of bone
第16章 転移性骨腫瘍 METASTATIC TUMORS OF BONE
 I. 転移性骨腫瘍
参考文献


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.