会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「経腸栄養マニュアル」の詳細情報です.

経腸栄養の要点が詰まったコンパクトな一冊!

経腸栄養マニュアル
  • 編集
    丸山道生(東京都保健医療公社大久保病院部長)
山東勤弥(大阪樟蔭女子大学教授)
保木昌徳(大阪樟蔭女子大学教授)
  • B6変型判・280頁・2色刷
    2012年2月14日発行
  • 定価 4,320円(本体 4,000円)
    ISBN978-4-8306-6060-3

この本の内容

本書は,医療従事者が経腸栄養の知識や技術を身につける必要性に応えて,簡便かつ具体的に経腸栄養の実際を解説したポケットマニュアル.経腸栄養の特徴や適応,投与と管理の実際,各種経腸栄養剤,さまざまな疾患における経腸栄養,合併症とその管理などの解説をコンパクトにまとめた.NST のメンバーや研修医,介護現場での医療従事者などの方々に直接役立つ一冊.

主要目次

Ⅰ 経腸栄養とは
 1.経腸栄養法の特徴と適応
 2.早期経腸栄養法
 3.経腸栄養法と保険制度の現状
 レクチャー 経腸栄養の歴史
Ⅱ 経腸栄養のための腸管アクセス法とその器具
 1.経鼻
 2.内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
 3.経胃瘻的空腸瘻
 4.経皮経食道胃管挿入術(PTEG)
 5.手術的に作成する胃瘻・空腸瘻
 レクチャー PEGクリニカルパス
 レクチャー 胃瘻・腸瘻の歴史
Ⅲ 経腸栄養の投与とその管理
 1.調整
 2.投与システム
 3.投与スケジュール
 4.胃瘻・空腸瘻の管理
 5.器具の洗浄と管理
 6.薬剤投与法
Ⅳ 経腸栄養剤
 1.経腸栄養剤の分類
 2.標準的経腸栄養剤
 3.病態別経腸栄養剤
 4.半固形化経腸栄養剤
 5.その他の特殊な栄養剤
 レクチャー プレバイオティクス,プロバイオティクス,シンバイオティクス
Ⅴ 各種疾患における経腸栄養法
 1.肝不全
 2.腎不全
 3.肺疾患
 4.炎症性腸疾患
 5.短腸症候群
 6.急性膵炎
 7.周術期
 8.重症患者
 9.褥瘡
 10.嚥下障害
 レクチャー 口腔ケア
 11.癌と終末期
 12.小児
Ⅵ 経腸栄養の合併症とその管理
 1.器具による合併症
 2.消化管合併症
 レクチャー 排泄ケア
 3.代謝性合併症
Ⅶ 在宅経腸栄養法


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.