会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「今日の心臓手術の適応と至適時期」の詳細情報です.

心臓病専門医が手術を考える際の現在のゴールドスタンダード!

今日の心臓手術の適応と至適時期
  • 監修
    吉川純一(西宮渡辺心臓・血管センター院長)
  • 編集
    伊藤 浩(岡山大学教授)
高梨秀一郎(榊原記念病院部長)
松宮護郎(千葉大学教授)
渡辺弘之(榊原記念病院部長)
大門雅夫(順天堂大学准教授)
  • B5判・442頁・4色刷
    2011年9月19日発行
  • 定価 16,200円(本体 15,000円)
    ISBN978-4-8306-1908-3

この本の内容

心臓手術に関する種々のガイドラインが出版され,外科医の技術的進歩にも目を見張るものがある.一方,各種のインターベンション治療,さらには薬物治療を含む内科的治療も大いに発展してきた.
そのような進歩を踏まえ,本書は,患者・疾患を中心として,一方では内科医と外科医が協力して治療し,他方では互いを厳しく監視し合うという医療環境を目指すために心臓病専門医が手術を考える際の現在のゴールドスタンダードを示す.

主要目次

総説
 内科医からの提言
 外科医からの提言
Ⅰ.冠動脈疾患の手術適応と至適時期
 1.冠動脈バイパス術
  内科
  外科
   [O]心筋虚血評価の重要性
   [T]diastolic stunning
   [O]心筋バイアビリティー評価の重要性
   [O]バイパスグラフトの選択基準
   [O]冠動脈バイパス術-on-pumpとoff-pump-
   [O]高リスク患者における冠動脈バイパス術
   [O]冠動脈バイパス術後早期の合併症
   [O]冠動脈バイパス術後後期の合併症
   [T]冠動脈バイパス術時の軽度大動脈弁狭窄をどこまで治療するか
2.急性心筋梗塞における機械的合併症,左室内血栓に対する手術
 内科
 外科
3.虚血性僧帽弁逆流
 内科
 外科
   [O]虚血性僧帽弁逆流の術前心エコー評価のポイント
   [O]手術室における虚血性僧帽弁逆流の評価
   [C]虚血性僧帽弁逆流はCABGで治療できるか
   [C]虚血性僧帽弁逆流の治療-弁形成か弁置換か-
II.弁膜疾患の手術適応と至適時期
 1.大動脈弁狭窄
  内科
  外科
   [O]人工弁のトレンド-機械弁と生体弁-
   [O]patient-prosthesis mismatchの捉え方
   [T]カテーテルによる弁置換術
   [T]apico-aortic bypass-適応と手技-
   [C]高齢者弁置換の適応
 2.大動脈弁逆流
  内科
  外科
   [O]弁置換術+上行置換術かBentall手術か
   [C]弁置換術が弁形成術か
   [T]低心機能大動脈弁逆流はいつ手術すべきか
 3.僧帽弁狭窄
  内科
  外科
   [O]経皮的僧帽弁交連切開術の適応と至適時期
   [O]心房細動はどこまで治るのか?ー手術至適時期と術式についてー
 4.僧帽弁逆流
  内科
  外科
   [O]弁下部温存弁置換術とは何か
   [T]全身疾患(Marfan症候群など)に伴う僧帽弁逆流に対する手術
   [T]3次元心エコー図を術中エコーに活用する
   [T]機能性僧帽弁逆流を治す
 5.三尖弁逆流
  内科
  外科
 6.感染性心内膜炎
  内科
  外科
   [O]感染性心内膜炎の抗菌薬選択が生死を分ける
III.先天性心疾患および小児心疾患の手術適応と至適時期
 1.心房中隔欠損症
  小児科
  内科
  外科
   [T]高齢者心房中隔欠損に対するAmplatzer治療と問題点
 2.心内膜床欠損症
  小児科
  外科
 3.心室中隔欠損症
  小児科
  外科
 4.Fallot四徴症
  小児科
  外科
 5.動脈管開存症
  小児科
  外科
   [O]高齢者動脈管開存に対するカテーテル治療
 6.Ebstein奇形
  小児科
  外科
 7.Fontan手術適応例
  小児科
  外科
   [T]先天性心疾患術後の心不全ーFontan手術患者の心不全病態生理ー
 8.川崎病
  小児科
  外科
 9.成人期の再手術-特に右室流出路再建-
  内科
  外科
   [T]経カテーテル的肺動脈弁留置術
IV.大動脈疾患の手術適応と至適時期
 1.大動脈解離
  内科
  外科
   [C]術前の冠動脈造影は必要か
   [T]急性大動脈解離の狭い真腔・下行解離はいつ手術すべきか?
 2.大動脈瘤
  内科
  外科
   [T]ステント治療か人工血管置換術か
   [O]外来管理の画像診断-CT・MRI-
   [O]ある作家をなぜ助けられなかったのか
Ⅴ.末梢血管疾患の手術適応と至適時期
 1.閉塞性末梢動脈疾患
  内科
  外科
   [T]下腿動脈血行再建術
   [O]末梢血管病変におけるCT,MRIの役割
   [O]末梢血管病変における超音波検査の役割
   [O]末梢動脈瘤
 2.末梢血管疾患における再生医療
VI.心不全の手術適応と至適時期
 1.重症心不全に合併する僧帽弁閉鎖不全症
  内科
  外科
 2.左室減容術
  内科
  外科
   [C]予後は改善するか
 3.LVAS
  内科
  外科
 4.心臓移植
  小児科
  内科
  外科
   [C]心臓再同期療法は外科手術に代わる治療になりうるか?
   [T]destination therapyとしてのLVAS
VII.他の重要な疾患の手術適応と至適時期
 1.収縮性心膜炎
  内科
  外科
 2.心房細動
  内科
  外科
 3.肺動脈血栓塞栓症
  内科
   [T]肺動脈性肺高血圧症は治るのか
  外科
VIII.術前のリスク評価
索引

*[O]:One Point Advice [T]:Topics [C]:Controversy


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.