会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「腹部画像診断を解く」の詳細情報です.

Generalな視座で患者と画像に向き合う「何でも屋放射線科医」が綴る
読影の極意!

腹部画像診断を解く
着眼点別/病態別に理解がぐっと深まる読影メソッド

  • 楠井 隆(長浜赤十字病院放射線科部長)
  • B5判・400頁・2色刷
    2011年9月19日発行
  • 定価 8,640円(本体 8,000円)
    ISBN978-4-8306-3739-1

この本の内容

腹部画像はナゼ難しいか? 例えば急性腹症を例にあげると・・・「消化器系、泌尿・生殖器系、循環器・血管系と多数の臓器にわたる鑑別が必要」「それぞれの解剖学的構造が複雑に絡んで繁雑」「注意深く観察しても見逃しやすい微細な所見の変化をとらえねばならない」「万一,初期診断をし損ねたときのリスクが大きい」このような背景から,腹部画像に苦手意識をもつ方も多いハズ.
でも,この本を読めば大丈夫!Generalな視座で,日々,患者・画像と向き合う「何でも屋放射線科医」を自認する著者が,自身の思考過程を余すところなく体現した入魂の1冊.

主要目次

1章 画像診断における腹部の特色と代表的な所見
 この章で学ぶこと
 1 管腔の拡張
 2 腹水と腹腔内液体貯留
 3 腹腔内遊離ガスその他の異常な気体
 4 脂肪内の変化
 5 腔の閉塞を伴う炎症
 6 腹部の炎症、膿瘍と腹膜炎
 7 石灰化と結石
 8 潰瘍とその治癒過程
 9 腫瘤と血流
 10 腫瘤の形態診断
 11 管腔臓器の腫瘍
 12 リンパ節とリンパ路
 13 血管と血流の異常
 14 大きさの異常と実質臓器のびまん性変化
 15 イレウスとその周辺
 16 そのほかの基本的な考え方
2章 画像検査の進め方と各検査法の特色
 この章で学ぶこと
 1 CT
 2 X線写真
 3 US
 4 MRI
 5 各種管腔造影
 6 消化管二重造影
 7 血管造影
 8 核医学検査
 9 フィルムとデジタル画像
 10 消化管内視鏡
 11 被曝を減らすために
 12 造影剤について
 まとめ
3章 各臓器の主な疾患と所見
 この章で学ぶこと
 1 肝
 2 胆道系
 3 膵
 4 脾
 5 腎
 6 尿路,膀胱
 7 女性生殖器
 8 男性生殖器
 9 胃,十二指腸
 10 空腸,回腸,大腸,腸間膜
 11 副腎
 12 後腹壁、腹壁,横隔膜
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.